2017年 02月 01日 ( 1 )


国家戦略特区(農業特区)視察研修

■1月29日(日)

朝一番で自宅を出発。

物部のたきたて弁当屋前を通ると信号設置工事が進んでおり、信号機自体が設置されていました。

昨日、正暦寺さんの水行で一緒でした綾部警察署の課長さんに話を聞くと、2月中旬には制御盤設置や電気工事がすべて終了し、その後なるべく早い段階で点灯式(通行式)を通学路を利用する小学生や地域の方と共に行いたいと言われていました。

日程は調整中との事でしたが、工事終了後数日の内に出来ればとのお考えでした。

地域が一丸となり、課題がひとつひとつ解決していく事に喜びを感じると共に、まだ残る課題に対してもしっかりと取り組んで行く決意を新たにしました。

f0342542_08271404.jpg

朝8:30からジョイフルに行き、フロンティアの曽根理事長と金定さんと会合。

清山荘で新たに取り組もうとされている事業やフロンティアの運転手さんの高齢化について相談を受けました。

その後、10時に農業法人 天野社長の村上静史前市議や農夢社長の四方勝一さん、そして四方源太郎府議をお迎えに行き、養父市へ向かいました。

午後は自民党京都府連青年局並びに第15期きょうと青年政治大学校主催による国家戦略特区(農業特区)に指定されている兵庫県養父市の視察研修に出席しました。

f0342542_08275632.jpg

「国家戦略と地方創生」と題し広瀬養父市長にご講演いただいたほか、民間事業者の方々から実際に特区での取り組み状況についてお話をいただきました。

f0342542_08280733.jpg
f0342542_08281706.jpg

研修の途中で地元選出の谷公一衆議院議員が会場に駆けつけていただくサプライズもあり充実した研修となりました。

f0342542_08282643.jpg
f0342542_08283968.jpg

帰りの道中でも村上社長や四方社長から農業法人経営者から見た今日の研修内容をお聞きする事が出来、道中も含め実りある時間を過ごさせていただきました。

夜は理事を務めるNPO法人北近畿みらいの常任理事会に出席。

四方八洲男理事長から次年度の取り組みについて相談がありました。

次年度も留学生ツアーやみらい塾を始め、北近畿の魅力発信や活性化に繋がる取り組みを展開してまいります!


[PR]

by seed-to-be-flower | 2017-02-01 08:29 | 政治活動