京都府議会 初の北部開催【2016年9月14日(水)】

京都府議会 初の北部開催



午前中は明日に控えた一般質問の調整と、JCも協力をしております京都府ボランティアセンターの取り組みで、熊本地震の被災地へ貸し出しておりました、スコップや一輪車などの資材が返還されましたのでその片付けをしました。

f0342542_10053168.jpg
f0342542_10054388.jpg


午後は京都府議会が舞鶴市で開催されるため、傍聴に行きました。

北部で開催されるのは史上初めてという歴史的なこともあり、本日は綾部市議会の本会議を休会にし、議員研修と言うことで18名の議員が全員傍聴に行きました。

f0342542_10055315.jpg

四方府議からの呼びかけもあり、地元である物部町からも、森永功先生、村上静史前議員、四方勝一さん、坂根直文さん、上羽澄夫さんと大勢の方が傍聴に来て下さりました。


帰綾後はFMいかるに行き、アイドルのラジオ出演に立ち会い、その後は衣装合わせにも立ち会いました。

ラジオにも慣れてきている様で、楽しくお話出来ている様子でした(^^)

f0342542_10065248.jpg
f0342542_10070337.jpg

新たなことに対して前向きにチャレンジしている彼女たちの姿を見て学ぶことが多くあります。



夜は、11月に何北ブロックで開催される音楽交流会に、何北地区の小中学校PTAで合唱をするため、第1回目の練習が何北中学校で開催され出席しました。

f0342542_10071363.jpg

東日本大震災で被災された釜石東中学校の生徒が歌詞を考え、アクアマリンが編集した曲「いつかこの海をこえて」と言う歌を歌う事になりましたが、「海」と言う言葉に様々な想いを込め、希望を持ち未来へ向かう前向きな歌詞に感動しました。

当日までにしっかりと練習します。


いつかこの海をこえて~釜石東中学校生徒の思いをここに~
作詞作曲:ミマス
編曲:富澤裕

うれしさも悲しみも 大切な思い出も
のこらず輝いて あすを照らしてる

すみわたる陽がそそぐ ふるさとの風景に

また会えるその日を つよく信じて

いつかこの海をこえて 僕たちは舟をだそう

出会いにあふれる ひろいひろい世界へ

いまも心にひびく 友の言葉を胸に

希望の道をすすもう

るり色の海へ


夕凪(ゆうなぎ)と朝焼けが なんどくりかえしても

目をとじればそこに なつかしい笑顔

いつの日もそばにいる たとえ離れていても

だから前を向いて 歩んでゆこう

いつかこの海をこえて 僕たちは舟をだそう

手と手をむすんで 信じあえた日々を

いつも心に抱いて 夢の灯りをともし

希望の道をすすもう

るり色の海へ



[PR]

by seed-to-be-flower | 2016-09-18 10:11 | 政治活動