2014年11月17日(月)

タンデム体験会


2日ぶりの早朝ランニング!
継続は力なりと申しますが、開始1週間で自分の心の弱さと毎日継続する事の大変さを実感(泣)
無理をせず、なるべく長い期間続けれる様に頑張ります(^^;)


午前中、事務仕事を済ませた後、お昼前から上杉町の総合運動公園で開催された「タンデム体験会」に参加しました。
以前、社協の上田さんから案内を頂き申し込みましたが、最初は名前すら聞いたことも無く不安でした(^^;)
タンデムとは写真の二人乗り自転車の事で、今回は綾部サイクルフレンズ、京都府視覚障害者協会綾部支部の合同主催で、視覚障害のある方や一人で自転車に乗れない方が自転車に乗れる機会を、また運動と交流を図る事を目的に。そしてタンデムは綾部には無い為、この体験会をもとに参加者が理解を深め、身近なところでいつでもタンデムを楽しめる環境づくりを進める事を目的として開催されました。

全く目が見えない方と同乗すると言う事で、サドルやハンドルの位置を教えてあげたり、曲がるときや加速・減速時には声掛けを忘れない等、最初は少し戸惑いましたが、慣れると特に難しいことも無く、何より同乗された方の笑顔や「また自転車に乗れる日が来るなんて夢にも思ってへんかったー!!(^^)」と言う喜びの声を聞くと、すごく嬉しくなりました(^^)♪♪
f0342542_18281689.jpg
f0342542_18330463.jpg
残念ながら京都府では認可が下りておらず、公道を走る事は出来ません。
おとなりの兵庫県や広島県、愛媛県など全国で6自治体はすべての行動で認可が下りており、走行できる地区を限定する、制限付認可が下りている自治体は他にもたくさんあります。
京都府もまずは制限付認可が下りるように働きかけをし、夢を与える自転車「タンデム」が広く楽しめる環境が整えばと感じました。

その他にも通常の車いすに取り付け手でこぐ事により、通常よりも小さな力で何倍もスピードを出す事が出来るマシーンなどもあり、これでどれだけの障害者の方々が夢を取り戻す事が出来たのだろうと考えていました。
f0342542_18332217.jpg

夜は四方源太郎府議は視察で不在でしたが、四方府議の事務所にて世間で騒がれている慌ただしい動きに備えて相談をしました。


[PR]

by seed-to-be-flower | 2014-11-18 18:39 | 各団体での活動