2014年11月15日(土)

綾部市世界連邦運動協会


今日は素晴らしい秋晴れのなか、綾部市世界連邦運動協会の平和施設見学研修に会員として参加しました。
f0342542_17020917.jpg

今回の行先は、立命館大学国際平和ミュージアムでした。
f0342542_17031151.jpg
展示資料もたくさんありましたが、写真やパネルでの説明が多く非常に内容が分かり易いミュージアムでした。
戦争を知らない世代だからこそ、平和な日本に暮らしているからこそ、戦争の歴史・悲惨さをしっかりと認識しておくことが重要だと思います。

見学後は、立命館大学の君島東彦教授から「世界連邦運動の21世紀的かたち」と題してご講演を頂きました。
f0342542_17031715.jpg
世界連邦運動については浅い知識しか無く理解できるか不安でしたが、非常に分かり易くご講演頂き、かつ専門的なご意見を述べられ、世界連邦運動の成り立ちや現状の課題などが分かりました。

世界連邦とは、世界の国々が互いに独立を保ちながら、地球規模の問題を扱う一つの民主的な政府(世界連邦政府)をつくることです。

あまりに大きな力が働いた第二次世界大戦末期に、どこからともなく自然に世界各国で運動が始まったそうで、非常に壮大な運動であると思います。
世界の人々は、各国の国民であると同時に地球市民として平等で、基本的人権も尊重されるとありますが、現実問題では国家間の格差問題や世界各国での紛争、身近なところでは日中関係などの問題があり、実現への道のりはなかなか遠い様に感じます。
しかし、行動をしないことには何も変わりません。
今後も世界平和を願い、私の出来る事を続けて参りたいと考えております。



帰綾後、長男の創春が入団している少年野球「何北リトルキングス」の保護者会があり参加しました。
来月には新人戦があり、保護者の士気も高めて行きます!!
f0342542_17032544.jpg

[PR]

by seed-to-be-flower | 2014-11-16 17:07 | 政治活動