2014年9月4日(木)

中丹の府市問題研究会(仮称)


今回で3回目となる中丹の府市問題研究会(仮称)に出席させて頂きました。

毎回この会は、四方源太郎府議と京都府中丹広域振興局 企画総務部企画振興室の村上章副室長によって開催され、今回も綾部市内の様々な業種の方をはじめ、府の職員さんや市の職員さん等20名以上の方々が出席されていました。

f0342542_18571713.jpg

今回の講師には、京都府広報課の山本哲也北部担当課長をお招きし、「広報」をテーマに様々なお話をお聞きしたり、意見交換をしたりしました。

有効な広報をする為には、目標(ゴール)をしっかりと定め、ストーリー性や計画、ターゲット、エリア等を明確にする事によって、必然的に広報の媒体や手段が見えてくるとの事でした。

綾部市も良いところはたくさんありますが、京都府外はもちろん、府南部の方でも綾部市の位置関係を知らなかったりされるのが現状で、もっと広報に力を入れたり、ストーリー性をもつ事が重要では無いかと感じました。

綾部の魅力を発信する為には行政の力も必要ですが、根っこの情報発信源としては、やはり地域で暮らされる方々の情報が大切です。

皆様方の思われる綾部市の魅力、良いところをお教え下さいませ。



[PR]

by seed-to-be-flower | 2014-09-06 18:58 | 政治活動